妊娠・妊活に良い?葉酸に期待できる効果とは?

葉酸には、様々な病気のリスクを抑えることの他に、妊娠や妊活によい影響を与える効果が期待できます。

 


妊婦さんの葉酸サプリ摂取は、母子手帳にも記載がある通りもはや常識となっていますが、ここではさらに詳しく、葉酸を摂ることでどのような効果が期待できるのか、その全容を詳しくご紹介します!

 

 

葉酸とは

 

葉酸はビタミンB群の一種で、水に溶ける水溶性ビタミンに分類されます。

血液中の赤血球を作る際に欠かせない栄養素であるため、葉酸なしに生命を維持することはできません。そのため、普段から意識的に摂ることが大切です。

 

葉酸の効果

 

葉酸は、妊娠・妊活中に意識的に摂ることが強く推奨されていますが、普段から摂ることで得られる効果についてはあまり注目されていません。

 


ただ知られていないだけで、葉酸には様々な病気のリスクを抑えるという優れた効果が期待できるので、しっかり確認しておくようにしましょう

 

貧血のリスクを抑える

 

葉酸,貧血,サプリ

 

貧血と言えば鉄分不足による鉄欠乏性貧血が一般的に知られていますが、実は葉酸が不足した場合にも貧血になります。

 


葉酸やビタミンB12の不足が原因の貧血を巨赤芽球性貧血(きょせきがきゅうせいひんけつ)や悪性貧血といい、赤血球の材料である葉酸が不足することで正常な赤血球が作られなくなるのです

 

赤血球は全身に酸素を運ぶ役割を果たしているので、正常な赤血球が作られない状態では身体が酸欠状態となり、貧血の症状が現れます

またとくに危険なのは妊娠中に貧血を起こすことです。

赤ちゃんに十分な酸素と栄養が送られないことで赤ちゃんの発育不全や早産などを引き起こす原因ともなります

このような貧血は、葉酸やビタミンB12を必要なだけ摂ることで改善が期待できます。

 

妊婦は葉酸だけでなく「鉄分」「カルシウム」の摂取がマストだというのは、いろいろなところでアドバイスされますよね? ...

 

うつ病のリスクを抑える

 

葉酸,うつ

 

うつ病の要因は様々ですが、その一つに葉酸不足が挙げられます。これは、葉酸にリラックス効果が期待できるためです。

うつ病の方は葉酸不足の傾向があると指摘もされているため、普段から葉酸を意識的に摂ることが大切です。

 

ただし、うつ病を治すほどの効果は期待できないので、医師の指示に従って治療を受けましょう。

 

動脈硬化のリスクを抑える

 

動脈硬化,葉酸,予防

 

葉酸には、心筋梗塞や脳梗塞の要因となる動脈硬化のリスクを抑える効果が期待できます。

動脈硬化は主に脂っこい食事ばかり食べていたり運動不足であったりすることで発症のリスクが上がるのですが、アミノ酸の一種であるホモシステインが増えることも要因といわれています。

 


葉酸には、ホモシステインを無害化させる働きがあるため、動脈硬化のリスク低下が期待できるのですね(*‘∀‘)

 

肌トラブルのリスクを抑える

 

葉酸,肌,効果,サプリ

 

葉酸は細胞分裂に深く関わっている栄養素なので、不足すると正常な皮膚や粘膜が作られにくくなります。そのため、肌トラブルが起こりやすくなるのです。

葉酸をしっかり摂ることで、健康な肌を保ちやすくなるでしょう。ただし、これは皮膚や粘膜を正常に保つだけであるため、肌トラブルのリスクが大きく軽減されるわけではありません。

 


十分な睡眠や栄養バランスに優れた食事、ストレス解消、正しいスキンケアを心がけることも大切ですよ!

 

→ベルタ葉酸なら必要な栄養がすべて摂れます!

妊活・妊娠における葉酸の効果

 

葉酸は、妊娠・妊活において優れた効果を発揮するとされています。厚生労働省などにおいても妊娠を望んでいる女性に対して、実際に妊娠する1か月半前からの葉酸の「サプリでの摂取」を推奨しており、その重要性が伺えます。

では具体的に、どのような効果が期待できるのでしょうか?

 

妊娠しやすくなる可能性がある

 

妊娠,葉酸サプリ,効果

 

葉酸をしっかり摂ることで酸欠を防ぐと、全身にしっかりと血液が行き渡るようになります。

その結果、子宮内膜が厚くふかふかになり、受精卵が着床しやすくなるのです。また、受精卵の正常な細胞分裂を促すことで、正常な発育の可能性を高めることができます。

 


今月から2人目妊活を始めた私は、この気になるマカナを飲み始めたところです!(※追記:2018年9月、奇跡の2人目自然妊娠が判明!) ...

 

神経管閉鎖障害のリスクを抑える

 


神経管閉鎖障害は、赤ちゃんの脊椎にある神経管が閉鎖ことで起こる病気です。神経管の下部が閉鎖した場合は二分脊椎症、上部が閉じた場合は無脳症となります

 

二分脊椎症では麻痺や尿路感染症、喘鳴など様々な症状が現れます。無脳症は両側大脳半球と呼ばれる部分が欠損した状態で、その多くは死産となります

 

葉酸は細胞増殖に欠かせないDNAの合成に深く関わっているため、胎児の細胞増殖が活発な妊娠初期に不足すると、神経管閉鎖障害のリスクが高まるといわれています。

そのため、普段の葉酸の摂取に加えて、サプリメントなど栄養補助食品から1日あたり400マイクログラムの葉酸摂取が推奨されています。



ここ数年は続々と、様々なタイプの妊活サプリ・葉酸サプリが発売されては消え、ということが繰り返されていたように思えますが、makana(マカナ)に...

葉酸を効果的に摂る方法

 

葉酸は、芽キャベツや枝豆、菜の花、アスパラガス、ブロッコリーなどに多く含まれています。しかし、葉酸は水に溶けだすため、加熱調理や茹でるなどした際に流れ出てしまいます。

そのため、サプリメントなどを利用して意識的に摂ることが大切です。

 

まとめ

 

葉酸は妊活や妊娠における効果が注目されがちですが、貧血や動脈硬化などの予防にも役立ちます。

 


普段からブロッコリーや芽キャベツ、アスパラガスなどを摂るようにしましょう。しかし葉酸は野菜を洗っただけでも流れ出てしまうほか、加熱の段階ですでに70%が失われています

食事だけで毎日の所要量を満たすのはほぼ不可能と言って良いでしょう

 

ですから葉酸サプリをうまく利用し、葉酸不足を防ぎましょう(*‘∀‘)

 

6年間ものあいだ不妊に悩み、2017年に長男を妊娠・出産(2人目妊活中!)した私。 そんな私が飲み続けてきた数々の妊活サプ...

関連記事

関連記事がありません。