不妊治療の種類や進め方概要

赤ちゃんが欲しいけれどなかなか妊娠しないという方は、不妊治療を検討してはいかがでしょうか。

 


誤解も多いですが、不妊治療には段階があり、最初から体外受精や顕微受精などをするわけではありません。ここでは、不妊治療の種類や進め方についてご紹介します!

 



不妊治療の進め方

 

不妊治療,精子,卵子

 

まず不妊治療に入る前に、精子や卵子に異常がないかを調べる基本検査を病院、またはクリニックで行います。

基本検査にて問題がなければ、正確な排卵日を調べて性交渉のタイミングを合わせる「タイミング療法」から始めます。

 


半年程度続けても妊娠しない場合には、排卵を誘発させて妊娠しやくする「排卵誘発」を行います。それでも妊娠しない場合は、人工授精、体外受精、顕微受精の順で不妊治療を進めていくのです

 

人工授精

 

人工授精は、精液を子宮へと人工的に送り込むことで受精を促す治療です。採取した精液を処理して、膣から管を挿入し、直接精液を送り込みます。人工授精は、精子や卵子に問題がある場合には、十分な効果が期待できません。

 

また、通常では3〜4回程度の治療が必要です。

 

治療では、点鼻薬によって排卵を誘発させるため、より妊娠しやすい状況で精液を送り込むことができます。さらに、精液を遠心分離にかけるため、濃度や運動率が多少改善し、妊娠の確率を高められます。

 

「マカ」は女性の健康や、妊娠するための体づくりに役立ってくれると今注目されている成分です。 もともと、マカは男性の滋養強壮や体力維持のため...

 

⇒妊活には卵の質向上成分も複数配合の「マカナ」

どのような場合に適用される?

 

人工授精は、次のような症状がある場合に効果的とされています。

 

子宮頚管性不妊症

 

子宮の入り口のことを子宮頚管といい、精子が子宮へと到達しやすくなるように粘液でうるおっています。この粘液が少ないと、精子が子宮へと到達できなくなり、不妊症となるのです。

 


人工受精では、管を通して精子を送り込むため、粘液が少なくても妊娠できます

 

 

子宮内膜症や卵管に異常がある

 

排卵誘発と人工授精の併用によって、妊娠の確率を高められるといわれています。ただし、効果が期待できるのは片側の卵管障害の場合です。

両側ともに卵管が閉鎖しているような場合には、人工授精での妊娠は難しいでしょう。

 

体外受精

 

体外受精,不妊治療

体外受精とは、体外へと取り出した卵子と精子を受精させて、正常に発育した胚(はい)を子宮へと移植する方法です。正常に発育した胚だけを移植するため、人工授精よりも高確率で妊娠できます

 

卵子と精子に妊娠するための機能が残ってさえいれば、成功する確率は高いと言えますし、世界にも、体外受精で生まれた方はたくさんいます。

人工授精よりも、さらに人工的に妊娠するということで、体外受精を受けることをためらう方もいますが、人工授精で妊娠しなかった場合には早めに切り替えていくことが大切です。

 


妊娠力は加齢とともに低下していくため、体外受精のタイミングが遅れると、顕微授精が必要になる可能性が高まります

 

どんな薬を使用するの?

 

体外受精での妊娠の確率を高めるために、排卵誘発剤の飲み薬と注射で排卵をコントロールします。使用される薬や投与方法については、卵巣の状況によって変わるため、医師から詳しい説明を受けましょう。

 

どうやって卵子を採取するの?

 

採卵日の決定後、排卵誘発剤を注射し、その36時間後に採卵します。腹壁から卵胞へと直接針を刺して卵子を吸引します。精液については、自宅で採取したものを持参するか、採精室にて精液を採取します。

 

顕微授精

 

顕微授精,不妊治療,妊活

 

顕微授精は、体外受精と同じように体外で受精させ、順調に成長した良好な胚を子宮に移植する方法です。

体外受精では、精子と卵子が自然に受精するのを待ちますが、顕微授精は細いガラス針の先端に精子を入れ、顕微鏡を使って卵子へと注入することで人工的に受精させます

 


そのため、体外受精と比べて良好な胚が育ちやすく、妊娠しやすいというメリットがあります

 

方法

 

採卵した卵子は、卵丘細胞に取り囲まれています。これを酵素によって取り除き、精子を注入できる状態にします。

そして、顕微鏡で精子を卵子に注入します。この方法でも妊娠できる確率は100%ではなく、平均50~70%とされています。また、卵子の細胞膜が弱い場合には、精子を注入する際に卵子がダメージを受け、うまく受精できないケースがあります。

 

顕微授精にリスクはある?

 

顕微授精に特別なリスクはないとされています。不妊治療全てに言えることですが、リスクについてまだまだわからないことがたくさんあるため、今後判明する可能性があります。

そのため、安易に顕微授精を選択するのではなく、医師の指示に従ってステップアップ治療を受けることが大切です。



今月から2人目妊活を始めた私は、この気になるマカナを飲み始めたところです! (※ちなみに6年半の不妊を乗り越えて自然妊娠→...

 

まとめ

 

不妊治療は、最初から体外受精や顕微授精をするわけではありません。まずは、タイミング療法によって自然妊娠を促します。

 


不妊治療という言葉に圧倒されて、なかなか医療機関を受診できない方もいるでしょう。

医師に相談してアドバイス通りにするだけで妊娠する可能性もあるので、重く受け止めすぎないことが大切です(∩´∀`)∩

 

不妊治療の方法によっては何らかのリスクを伴う可能性もあるので、医師の説明を受けたうえで、不妊治療を始めるかどうかよく考えて決めるをおすすめします。

 

妊活サプリ,葉酸サプリ,ランキング
6年間ものあいだ不妊に悩み、2017年に長男を妊娠・出産(2人目妊活中!)した私。 そんな私が飲み続けてきた数々の妊活サプリ・葉酸サプリた...

関連記事

不妊症の原因と対策方法とは?正しい知識で妊娠しやすい体になろう!

子宮内膜が薄いと妊娠しにくいって本当?厚くするには?

不妊の原因は夫:妻で50:50!妊活サプリを夫婦で飲むメリットとデメリット