妊婦に鉄分・カルシウム配合の葉酸サプリが必須なワケとは

妊婦は葉酸だけでなく「鉄分」「カルシウム」の摂取がマストだというのは、いろいろなところでアドバイスされますよね?

 


どうせなら一度に摂りたいということで、すべて入った妊婦さん用の葉酸サプリを飲まれる方が多いと思います。

ですが実際、これらを一緒に摂ることでどんなメリットがあるのか、また効果を最大にするためにどんなサプリを選ぶべきなのか、深く考えたことがある方は意外に少なそうです。

 

もちろん、価格や安全性も見逃せないポイントですが、まずは妊婦さんやお腹の赤ちゃんに必要な栄養素がしっかり摂れるかが重要です。

今回は、「葉酸」「鉄分」「カルシウム」が相乗的にもたらす効果と、それらが妊婦に欠かせない理由について詳しくお話しします。



鉄分でベモグロビンを増やして貧血予防

 

鉄分,葉酸,カルシウム,妊婦,貧血

 

鉄分は女性全般に必要で、しかも不足しやすい栄養素です。妊娠中、とくに妊娠中期以降は、サプリで補わなければ極端な鉄不足になりやすいですから、お腹の赤ちゃんのためにも積極的に摂るようにしましょう。

1日に必要な鉄分摂取量

 

  • 通常時 10.5mg
  • 妊娠初期 9.0mg
  • 妊娠中期~後期 21.5mg
  • 授乳中 8.5~9.0mg

 

若い女性は、もともと毎月の生理で鉄分不足になりやすく、めまいや立ちくらみなどの症状を慢性的に感じている人も少なくありません。

さらに、食生活の欧米化やバランスの悪さから、最近では貧血状態による献血不適格者が女性では約30%にも及ぶといわれています。

また妊婦さんは、とくに赤ちゃんの肉体が急激に大きくなる妊娠中期からは鉄分の役割がより重要になり、非妊娠時と比べるとなんと30~50%も血流量が増えるといいます。

それに伴って妊娠中期~後期は通常時の倍以上の鉄分が必要になるので、食事だけでなく、サプリメントを利用して摂取することが必要になります。

 

お母さんも赤ちゃんも危険な貧血

 

鉄分,カルシウム,葉酸,サプリ,妊婦

medical accurate 3d illustration of a fetus week 10

 


貧血とは、血液の量が少ないことではなく、血液中のヘモグロビンの濃度が薄くなることをいいます

 

ヘモグロビンは、ヘム鉄と、グロビンというたんぱく質から作られていて、全身に酸素を運ぶ役割があるので、ヘモグロビンが不足すると全身が酸素不足になります。

つまり妊婦が貧血になると、胎児への酸素(栄養素)供給が減る、ということになるのです。

しかも妊娠中は母体よりも、お腹の赤ちゃんに優先して鉄分が運ばれるため、約3割〜4割の女性が貧血状態になるといわれています。

母親としては、それだけはぜひとも避けたいですよね。

 

貧血状態になると、以下のような症状が出ます。

 

  • めまいやふらつき
  • 倦怠感
  • 運動の後の動悸や息切れ
  • 氷が食べたくなる

 

このような症状を放置すると、めまいによってお母さんが転倒する危険がある上に、早産や胎児の発育不全にも繋がることがあります。

またひどくなると抵抗力が低下して産褥熱(さんじょくねつ)にかかったり、産後の回復が遅れることもあります。

妊娠中は、お腹の赤ちゃんに優先的に鉄分が運ばれるので、いつも以上に意識して鉄分を摂るようにしましょう。

 

鉄分・カルシウムも妊娠中~産後まで補える「メルミー葉酸」詳細へ

イライラや落ち込みを改善する

 

鉄分,うつ,妊婦,イライラ,サプリ

妊娠中は、つわりで満足に食事が摂れなかったり、ホルモンバランスの乱れで、気持ちが落ち込む人も多いと思います。

 

また、出産直後も子育てに関して異常に敏感になってしまうなどの、産後うつになるお母さんが増えています。そんな症状は、気持ちのケアだけでなく、鉄分不足を改善することが重要だといわれています。

 

妊娠中の女性が鉄分不足になりやすいことはすでにお話ししましたが、鉄分は神経伝達物質を作る手伝いをしてくれます。それによってセロトニンやドーパミン、アドレナリンなどが作られなくなると、幸せや高揚感を感じられなくなり、うつ病になりやすくなるのです。

もし、無気力、気分の落ち込み、集中力の低下などの症状がある場合は、積極的に鉄分を補うようにして下さい。


せっかく授かった命ですから、幸せな気持ちで迎えられるよう、栄養素をしっかり摂って、自分のケアをしてあげましょう(*‘∀‘)

 

「妊娠初期~授乳期」までの長期間対応!医師監修の【メルミー葉酸サプリ】

お母さんの体を助けるカルシウム

 

妊婦,カルシウム,鉄分,葉酸,サプリ

 

葉酸サプリメントのなかには、鉄分は配合されていても、カルシウムが入っていないものが多く見られます。ですが、妊娠中の女性は、自分の心と体を守るためにカルシウムを摂取することがとても重要です。

1日に必要なカルシウム摂取量

 

  • 通常時 650mg
  • 妊娠中 650mg

 

実は、カルシウムは妊娠中に体内への吸収率が上がるため、通常時と同じ摂取量が定められています。

 


「じゃあサプリメントで摂らなくてもいいんじゃないの?」と思うかもしれませんが、そもそも女性の1日の平均カルシウム摂取量は396mgと、必要摂取量に全く足りていないのが現状なのです

 

厚生労働省でも積極的なカルシウムの摂取を呼びかけていますが、食生活の乱れなどから、日本人のカルシウム不足は深刻な状態になっています。

では、妊娠中にカルシウムをしっかり摂ることで、どんなメリットがあるのでしょうか?

 

お母さんの骨や歯を守る

 

妊婦,カルシウム,骨粗しょう症

 

妊娠中は、お腹の赤ちゃんのカルシウムが足りなくなると、お母さんの骨や歯から溶け出して胎児に運ばれます。そのため、赤ちゃんよりもお母さんの体のほうがダメージが大きくなるのです。

妊娠中にカルシウムが足りないと、出産した女性の骨がスカスカになって、のちに骨粗しょう症になってしまったり、歯がもろくなってしまいます。

 

もともと女性は更年期の女性ホルモンの減少によって骨密度が下がる傾向にあるので、60代では3人に1人が骨粗しょう症になるといわれています。

将来元気に歩ける体でいるためにも、妊娠中に骨の健康を守るようにしましょう。

 

お母さんのイライラを防止する

 


妊娠中は、つわりで食事が出来なくなったり、お腹が大きくなると日常生活に支障が出たりと、なにかとストレスがたまりマタニティーブルーになる人も少なくないと思います

 

「カルシウムが不足するとイライラする」とよく言われますが、実際にカルシウムには脳神経の興奮を抑える効果があることが分かっています。

カルシウムが不足すると、ちょっとしたことで怒りを感じたり情緒不安定になりやすくなり、お母さんのつわりが酷くなることがあるうえに、酷くなると切迫流産の危険もあるのです。

 

妊娠中にイライラや気分の落ち込みを感じる時ほど、積極的にカルシウムを摂るようにして下さい!

鉄分・カルシウムも妊娠中~産後まで補う「メルミー葉酸」詳細へ

ここ数年は続々と、様々なタイプの妊活サプリ・葉酸サプリが発売されては消え、ということが繰り返されていたように思えますが、makana(マカナ)に...

葉酸・鉄分・カルシウムは一緒に摂ろう

 

妊娠中,妊婦,カルシウム,葉酸,鉄分,サプリ

 

葉酸は、赤ちゃんの奇形や先天性のさまざまな障害のリスクを低くすることが分かっています。また、血を増やす作用もあることから「造血ビタミン」とも呼ばれています。

母子手帳でも葉酸を摂取するよう記載されている通り、妊娠中の女性にもっとも重要な栄養素だといえます。

 


さらに、栄養素は一緒に摂ることでそれぞれの吸収率や効果を高める働きがあるため、 葉酸・鉄分・カルシウムは妊娠中の女性なら最低限一緒に摂っておきたい栄養素です

 

葉酸がしっかり摂れていれば、血が作られるだけでなく、血液がサラサラになり、全身のめぐりが良くなります。したがって胎盤の発達も良くなり、赤ちゃんへの栄養や酸素もスムーズに伝達されます

もちろん毎日の食事のバランスを整えることは大切ですが、それでも不足してしまう栄養素を賢く補うためにも、1粒で必要な栄養素がしっかり摂れるサプリメントを賢く利用しましょう。



※購入の際は添加物を必ずチェック!※

 

妊婦が葉酸サプリを選ぶ際は、必ず添加物チェックをするようにしましょう。

なぜなら妊婦向けの葉酸サプリだというのに、中身の99%が添加物という商品もあるからです。

 

ネイチャーメイドのサプリメントは、全国の薬局やドラッグストアなどで誰もが一度は目にしたことがあると思います。 製造・販売元の大塚製薬は、健...

 

お値段が安いので飛びつきたくなりますが、良かれと思って飲んでいるサプリメントが、実は添加物のカタマリだったなんてショックですよね。

 


もちろん、使用されている添加物は危険性の無いものがほとんどですが、過剰摂取や長期間服用した場合は、お母さんや赤ちゃんの体にどんな影響があるかはデータがないのが現状です

 

商品のパッケージに記載してある原材料は使用している量が多い順に記載してあるので、肝心の栄養素が最後のほうに書かれている場合、1粒のほとんどが添加物の可能性があります

ネットで購入する場合も、原材料や成分は掲載してあるので、購入する前に必ずチェックするようにしましょう(`・ω・´)

 

とくに、葉酸や鉄分のサプリメントで使用されている可能性のある添加物のなかで、危険な物を挙げると、「ショ糖脂肪酸エステル」というものがあります。

ショ糖脂肪酸エステルは、過剰摂取によって下痢をしたり、胎児の染色体異常の原因にもなるといわれています。いくらサプリメントに含まれている量では過剰摂取になりにくいとはいえ、妊娠中は避けたほうが良いでしょう。

 

※無添加の葉酸サプリで代表的なものが、以下の2つです↓↓↓

レビュー&ランキングはトップページを参照してください(*‘∀‘)



おわりに

 

カルシウムや鉄分が配合されている葉酸サプリメントが必要な理由、お分かり頂けたでしょうか?

妊娠中に摂るべき栄養素は葉酸だけではありません。

通常時よりも多く摂る必要がある鉄分や、もともと必要摂取量を食事だけで摂るのが難しいカルシウムも、お母さんやお腹の赤ちゃんのために毎日しっかり摂る必要があるのです。


毎日の食事ですべてカバーしなければ!と考えると、お母さんの負担も大きくなり、ストレスの原因になってしまいますよね。

そんな時は、必要な栄養素をバランス良く摂取出来るサプリメントを利用して、無理せず元気な体を作っていきましょう

 

鉄分・カルシウムも妊娠中~産後まで補える「メルミー葉酸」詳細へ

妊活サプリ,葉酸サプリ,ランキング
6年間ものあいだ不妊に悩み、2017年に長男を妊娠・出産(2人目妊活中!)した私。 そんな私が飲み続けてきた数々の妊活サプリ・葉酸サプリた...

関連記事

NO IMAGE

葉酸については…。

タブレットタイプの葉酸サプリの効果は?添加物が多いウワサは本当?