(おすすめできないけど…)プレミンの効果・メリット/デメリット!

妊活や妊娠の際にサプリなどから摂ることが推奨されている葉酸。赤ちゃんの健やかな成長には欠かせない栄養素です。

葉酸のサプリはたくさんありますが、その中でもちょっと特殊なのがプレミン。

(正直個人的には、この会社のあからさまな「他社を落として自社を上げる」的な売り方が好きじゃないんですが(;・∀・)。。。しかもそれほど内容が良いかというと、そうでもない、だからこそ他社ディスするんでしょうけど)

 


うちのおすすめ圏外の商品ではありますが、今回は、そんなプレミンの成分や効果、特徴などからメリットとデメリットについて分析していきます。

 

※中盤でかなり厳しめな本音を書いてるので、そこは読んでもOKですし、目次(「プレミンについて私が思うところ(※辛口)」の項)でそこだけ飛ばしてくださってもOKです(*´ω`)

 



プレミンとは

 

プレミン,効果,成分

プレミンとは、ゲンナイ製薬が開発した葉酸サプリです。

ちなみにゲンナイ製薬と名前は製薬会社を思わせますが、そうではありません・・・。

従来の葉酸サプリは、妊活から妊娠中、授乳まで共通して使用するものでしたが、プレミンは妊活~妊娠15週、16週~出産、出産後と授乳時に分かれています。葉酸の他に、それぞれの時期に必要性が高くなる栄養素が含まれています。

 

プレミンの成分と効果

 

プレミンは種類によって含まれている成分が異なります。それぞれ、次のようになっています。

 

妊活~妊娠15週

妊活~妊娠15週までに飲むタイプのプレミンには、葉酸をメインとした14種類のビタミンやミネラルが配合されています

葉酸サプリには美容成分が含まれているケースがあるのですが、プレミンには一切含まれていません。これは、美容成分を優先することで他の成分の配合が足りなくなる可能性があるためのようです。

私も美容成分はいらない派なので、これは良いですね。

 

妊娠16週~出産

妊娠16週~出産までに適したプレミンには、主に鉄分が豊富に含まれています。

妊娠16週以降は鉄分の必要量が増えます。これは、赤ちゃんの成長に伴って、必要な血液の量が増えるためです。

鉄分は赤血球の材料となり、全身の酸素供給に深く関わっているため、不足すると貧血になります。また、鉄分にはヘム鉄と非ヘム鉄があるのですが、プレミンには吸収率が高いヘム鉄とそうでない非ヘム鉄が1:1の割合で含まれています

ちなみになぜブレンドされているのかは不明です(;・∀・)

 

出産後授乳中

出産後は血液の必要量が妊娠前に戻りますが、授乳する場合は普段よりも多くの鉄分が必要です。

母乳は血液からできているため、鉄分が不足して貧血になると母乳の分泌も少なくなる可能性があります。しかし、妊娠中ほどの鉄分は必要ではないため、控えめに配合されています。


 

プレミンについて私が思うところ(※辛口)

 

ちょっと、厳しい内容になります。

私はこれまでかなりの数の妊活サプリ・葉酸サプリを試して分析・批評してきたのですが、プレミンの人気の秘密って、ぶっちゃけ芸能人を大々的に起用していること(にも関わらず、ホームページを見ればわかると思いますが、他社の広告宣伝には否定的っていう・・・ほんと疑問です)だと思ってます。

たしかにサプリ業界ってすでに飽和状態で、ニッチなところのイス取りゲームになっているのが現実です。

なんですが、内容本位で見ると、プレミンてとくに特徴がないシンプルなものです(シンプルなのはいいことですが)よね。

それをわざわざパッケージと配合を微妙に変えて詰め替え、プラス芸能人効果だけでいきなり知名度が上がって人気が出る、っていうからくりが手に取るように見えるので、個人的には「実直に内容勝負で企業努力しているところ」と、どうしても比べてしまいます。

しかもそれだけならいいんですが、他と差別化するための戦略のひとつが他社の悪口ってこれ、どうなんですかね(-“-)

他製品と比較するだけなら、消費者のためにももちろんするべきなんですが、この会社は一歩踏み込みすぎててどうにも気持ちが悪いです。

知り合いにも一人くらいいますよね、そういう人。

あるいは自分のモテキャラとかいい人マーケティングをしくじってる人。

そういうのが透けて見えると、やっぱり手を出しにくいです。

あと、「他と比べてください」「他社の製品はうちと違って○○してません」ていう言説がとっても多いんですが、これ、申し訳ないけど笑いが出てきます。

HPを見てる消費者が自分で比較したり確認しないだろうことを見越して言っているんでしょうが、たとえばプレミンがやってる「原産国開示」「GMP工場で製造」「全成分開示」などがめずらしいように強調してますが、こんなのいまや常識です(^^;

そしてこのときすごく安価な(数百円~千円前後)葉酸サプリと比べられてるのがミソで、そもそも価格が違うんですから、そりゃ内容がチガウのは当たり前ですよね?

それなのに、自分の製品とそもそも同じ土俵にいない格下・格安の一部のサプリを挙げては、自分を上げる方に持っていく・・・

かといって同価格帯でウチのおすすめのひとつである【メルミー葉酸サプリ】makana(マカナ)と比べると、内容の充実度は劣る。

葉酸サプリ・妊活サプリについてあまり知識がない人には非常にまぎらわしい、かつ不誠実な売り方だと言わざるをえません。

あくまでも知識のある「いち消費者として」率直な意見を言うならば、こういうことになります。

 

というわけで、あえてリンクは張りませんので、気になる方はご自分でホームページを検索してみてください(^^♪

 

(でもこんなふうに感じてしまうのは私だけなのかなぁ・・・皆さんがどう思うのか気になります)

 

ここ数年は続々と、様々なタイプの妊活サプリ・葉酸サプリが発売されては消え、ということが繰り返されていたように思えますが、makana(マカナ)に...

プレミンを飲むメリット

 

プレミン,メリット,デメリット,サプリ,妊活

サプリは継続して飲むことで効果を発揮できます。プレミンを飲むメリットをしっかり確認しておくことで、意識的に飲めるようになるでしょう。プレミンの特徴からわかるプレミンを飲むメリットは次のとおりです。

 

必要なときに必要なだけ栄養を摂れる

 

プレミンは従来の葉酸サプリとは違い、そのときに合わせて必要な栄養を必要なだけ摂ることができます。ビタミンやミネラルなど妊娠に関わる栄養素を配合し、不要な栄養素は配合していません。

 

厚生労働省の基準に合わせて成分を配合している

 

プレミンの配合成分の量は、厚生労働省の基準に合わせて決められています。根拠に基づいて配合量を決定しているため、正しく服用すれば副作用の心配がほとんどありません。

また、妊活中・妊娠中の女性としても、安心して飲むことができるでしょう。

 

プレミンを飲むデメリット

 

プレミン,デメリット,高い,効果

 

メリットだけではなくデメリットも確認しておくことで、購入後に後悔するのを防げるでしょう。プレミンのデメリットは、次のとおりです。

 

値段が高い

 

プレミンは、31日分で4,580円(税抜)となっています。定期コースは3,580円(税抜)ですが、それでも薬局などで購入できる一般的な葉酸サプリよりは高いです。

さらに同程度の内容の他のサプリと比べると、コスパは良いとは言えません。

 

1日あたりの粒数が多く、錠剤が大きい

 

プレミンは、1日3~4粒が摂取の目安となっています。

また錠剤が9mm~13mmと大き目のつくりのため、飲みにくいと感じる人は多いかもしれません。

産後になると2種類のサプリを1日なんと7粒も飲む必要があるので、かなり面倒です。

ソフトカプセルの方はDHA・EPAですが、別で摂らずとも1粒で一緒に摂れるサプリ(※マカナ↓)もあるので、そちらの方が良いでしょう。

 



今月から2人目妊活を始めた私は、この気になるマカナを飲み始めたところです!(※追記:2018年9月、奇跡の2人目自然妊娠が判明!) ...

まとめ

 


一部ちょっと辛口な内容になってしまいましたが、本当のことなので仕方ないですね(^^;

知名度のあるサプリですし、もしかしたら怒られる可能性もありますが、この記事が消えたらそういうことだと思ってください( ;∀;)

 

私自身不妊を克服してきた経験と、妊活サプリ・葉酸サプリの目利きができるという自信があるので、これから赤ちゃんを授かる女性たちのためにも、気になることは書かずにおれないのです。

皆さんも、ご自身と赤ちゃんのためにも、目を皿のようにして、おかしいと思う部分があれば無視してしまわず、ぜひとも良いサプリ選びをしてくださいね!

 

6年間ものあいだ不妊に悩み、2017年に長男を妊娠・出産(2人目妊活中!)した私。 そんな私が飲み続けてきた数々の妊活サプ...

 

関連記事

添加物がたくさん!DHCの葉酸サプリは妊娠・妊活中には向かない?

グミサプリは妊婦さん向け?栄養素や添加物がどれだけ入っているかを詳しく解説!

やずやのレモンの葉酸サプリは妊娠中にぴったり?成分と安全性を徹底解説します!

「mereme(メルミー)葉酸」は妊活~授乳期までOKのオールインワンサプリ!口...

オルビスの葉酸サプリメントの成分と効果は?気になるメリット・デメリットをまとめま...

ディアナチュラの葉酸サプリメントは本当に安心して飲めるか調査しました!