タブレットタイプの葉酸サプリの効果は?添加物が多いウワサは本当?

葉酸サプリメントというと、錠剤やカプセルタイプのものが主流でしたが、最近では噛んで食べられるタブレットタイプのものも多くのメーカーから発売されています。

 


タブレットだと、お菓子みたいで成分がちゃんと入ってないんじゃない?

 


余計な添加物が入ってそうで妊娠中は心配…

 


そんな疑問を持つ人のために、今回はタブレットタイプの葉酸サプリメントの成分と安全性について調べてみました!

 

タブレットタイプの葉酸サプリにはどんな商品がある?

 

まずは、今人気のタブレットタイプの葉酸サプリメントに配合されている栄養素と、添加物について見ていきましょう(*´з`)

 

ピジョンの「葉酸カルシウムプラス」青りんご・グレープフルーツ・ヨーグルト

 

ピジョン,葉酸カルシウムプラス,タブレット,サプリ

ビジョンは、哺乳瓶やおむつなどの赤ちゃん用品から、妊婦さん向けのマッサージクリーム、骨盤パンツなど、出産前から育児までに役立つ商品を幅広く販売しているメーカーです。

そんなビジョンから妊婦さん向けに発売されたのが「葉酸カルシウムプラス」です。

 

<栄養成分表示(1日分2粒あたり)>

  • 葉酸…400μg
  • 鉄…10mg
  • カルシウム…160mg
  • ビタミンB6…1.4mg
  • ビタミンB12…2.8μg

 

<原材料名>

マルチトール、ぶどう糖、りんご果汁粉末、グレープフルーツ果汁粉末、粉末はっ酵乳、ミルクエキスパウダー、卵殻カルシウム、ピロリン酸鉄、酸味料、セルロース、ショ糖エステル、香料、糊料(プルラン)、着色料(紅花黄、クチナシ、V.B2)、V.B12、V.B6、甘味料(スクラロース)、葉酸、V.D、

 

栄養素を見てみると、厚生労働省で推奨されている葉酸摂取量400μgをクリアしていますね。

ただ、葉酸の吸収を助けるビタミンCを配合していないのは残念なところです。カルシウムも、妊婦さんの必要摂取量650mgの1/4程度しか入っていないので、もう少しバランス良く栄養素を配合しても良かったのでは?と思います。

 


また、香料や着色料、甘味料や酸味料など、錠剤タイプのサプリメントと違い、美味しく食べるために余計な添加物を配合しているのも注意が必要です

 

メルミー葉酸なら無添加で産後まで必要な栄養がバッチリ!

オルビス「鉄&葉酸」

 

オルビス,他pブレット,葉酸サプリ,添加物,妊婦

 

オルビスは、言わずと知れた化粧品メーカーですね。ドラックストアではあまり見かけませんが、サプリメントやダイエット食品などの健康食品にも力を入れています。そんなオルビスから販売されているストロベリー風味の葉酸タブレット、はたして妊婦さん向けの商品なのでしょうか?

 

<栄養成分表示(1日分1粒あたり)>

  • 鉄…2.63mg
  • ビタミンB6…0.19mg
  • ビタミンB12…0.40μg
  • 葉酸…150μg
  • ビタミンC…17mg

 

<原材料名>

還元麦芽糖水飴、イソマルト、イソマルトオリゴ糖、エリスリトール、いちご果汁パウダー、澱粉、ベリー混合エキス(ワイルドブルーベリーエキス、ストロベリーエキス、クランベリーエキス、ワイルドビルベリーエキス、エルダーベリーエキス、ラズベリー種子エキス)、ビタミンC、酸味料、ステアリン酸カルシウム、ピロリン酸鉄、香料、着色料(野菜色素)、二酸化ケイ素、甘味料(スクラロース、アセスルファムK)、ビタミンB12、ビタミンB6、葉酸

 

この商品は、そもそも葉酸の配合量が150μgと少なすぎるうえに、妊娠中に必要なカルシウムも配合されていないので、妊婦さん向けのサプリメントとはいえません。

さらに、香料や着色料、酸味料、甘味料も配合されています。出来るだけ余計な添加物を摂りたくない妊婦さんには、あまりおすすめできません。

 

オルビスと言えば、大手化粧品メーカーとして有名ですよね。すでに「スキンケアラインの商品を愛用している」という人も多いのではないでしょうか? ...

 

ビーンスタークマム「毎日葉酸+鉄これ1粒」

 

ビーンスタークマム,葉酸+鉄,妊娠中,葉酸サプリ

ビーンスタークはベビーフードや粉ミルクなどの赤ちゃん向けの商品のほかに、ビーンスタークマムとして妊婦さん向けのサプリメントも販売しています。

 


「毎日葉酸+鉄これ1粒」は、すっきしりたレモン味が妊娠中でも食べやすいと評判の商品ですが、肝心の栄養素はしっかり配合されているのでしょうか?

 

<栄養成分表示(1日分1粒あたり)>

  • 葉酸…400μg
  • 鉄…13mg
  • ビタミンB6…0.8mg
  • ビタミンB12…0.4μg

 

<原材料名>

ぶどう糖、麦芽糖、レモン粉末果汁、コーンスターチ、ピロリン酸第二鉄、ステアリン酸カルシウム、酸味料(クエン酸)、香料、クチナシ色素、ニコチン酸アミド、パントテン酸カルシウム、 ビタミンB6、葉酸、ビタミンB1、ビタミンB2、甘味料(スクラロース)、ビタミンB12

 

葉酸に関しては、厚生労働省で推奨されている摂取量400μgをクリアしていますね。ですが、妊娠中に摂取したいビタミンCやカルシウム、ビタミンB群などは配合されていません。

これ1粒ではバランス良く栄養素を摂れるとは言いがたいので、他に併用してサプリメントを飲む必要があります。

また、香料や酸味料、甘味料も使用されているので、タブレットとして美味しさは申し分なくても、妊娠中に摂るのは不安が残ります

メルミー葉酸なら無添加で産後まで必要な栄養がバッチリ!

タブレットタイプの葉酸サプリは妊娠中でも安心して飲める?

 

妊娠中,タブレットタイプ,葉酸サプリ

 


タブレットタイプの葉酸サプリの人気商品を見て分かるように、お菓子感覚で食べられる商品にするには、香料や甘味料などの添加物の使用がどうしても避けられないようです

 

もちろん危険な添加物は使用されていないと思いますが、香料や酸味料に関しては、どんなものを使用しているのかパッケージに詳細が記載していないので、必ずしも安全とは判断しきれません。

また、甘みをつけるための甘味料やぶどう糖も、毎日摂っていては妊娠中の体重の増加につながります。

 

妊娠中以外なら、ちょっとしたおやつ感覚で食べられる便利なサプリメントとして活用出来ますが、妊婦さんがあえて摂るなら、やはりタブレットタイプはあまりおすすめ出来ません。

ここ数年は続々と、様々なタイプの妊活サプリ・葉酸サプリが発売されては消え、ということが繰り返されていたように思えますが、makana(マカナ)に...

タブレットタイプと錠剤タイプ、どちらを飲むべき?

 

タブレット,錠剤,葉酸,サプリ

 

それぞれのメリット・デメリットがあるので一概には言えませんが、総合的には錠剤タイプのほうが妊婦さんには断然おすすめできます。

 

タブレットタイプは噛んでお菓子のように食べるために、美味しさを演出する香料や甘味料を配合する必要があります。赤ちゃん、そして母体への安全面を考えるなら、水で飲む錠剤タイプのほうが余計な添加物を摂らずに済みます

 


しかもタブレットタイプでは、おやつのような位置づけだからか、妊婦さんが必要な栄養素である、葉酸・鉄・亜鉛・カルシウム・ビタミンB6・ビタミンB12・ビタミンCがトータルで摂れるものは見当たりませんでした

 

栄養素は、それぞれが組み合わさって効果を発揮するものなので、1粒で必要な栄養素がすべて摂れるというのはサプリメントとして重要な条件です。

他のサプリメントを併用すると過剰摂取になる栄養素が出てしまったり、余計に添加物を摂ることにもなってしまいます。

錠剤タイプでしっかりと1日に必要な栄養素がカバーできて、添加物も少ない質の良いサプリメントを摂るのがもっとも良い方法です。

 



おわりに

 

タブレットタイプの葉酸サプリは、おやつ感覚で美味しく栄養素が摂れるという点では、妊活中・妊娠中以外の女性には良い商品だと思います。

ですが、美味しく食べるために、どうしても余計な香料や甘味料などの添加物を配合する必要があること、そして栄養素のバランスの面でも今ひとつな商品が多いというデメリットがあります。

 


健康を気遣う妊婦さんが、出来る限り添加物などを口に入れずに必要な栄養素をトータルで摂りたいと思うのなら、やはり錠剤タイプのサプリメントから選んぶことをおすすめします(*‘∀‘)

 

メルミー葉酸なら無添加で産後まで必要な栄養がバッチリ!

 

妊活サプリ,葉酸サプリ,ランキング
6年間ものあいだ不妊に悩み、2017年に長男を妊娠・出産(2人目妊活中!)した私。 そんな私が飲み続けてきた数々の妊活サプリ・葉酸サプリた...

関連記事

NO IMAGE

葉酸については…。

妊婦に鉄分・カルシウム配合の葉酸サプリが必須なワケとは